うつ病は薬で治療しよう【うつ病の治療をスムーズに】

メンタル治療の方法と費用

医薬品

2つの方法と費用に関して

ストレスにさらされた環境で働き続けた結果うつ病を発症するケースが多くあり、早期に適切な治療を受ける必要があります。精神科や心療内科で行われるうつ病の治療には、十分な休養をとること及び抗うつ剤の処方の2つのアプローチがありますが、いずれも患者が目的と必要性に納得した上で治療に臨むことが治療効果を上げるためにも重要です。それではそれぞれの治療方法について留意しておくべきポイントを以下にみていきましょう。まず一つには十分な休養をとることが大切ですが、真面目で責任感のある方ほど仕事を離れて休息とることに気後れがあったり罪悪感を持ったりする傾向があります。治療のための休職や家事をしないことが、いけないものであるといった意識があるからです。かたくなに休むことを拒む意識は、治療の妨げとなることが懸念されますので対策が必要でしょう。そこで休むことが治療のために必要なことであることを患者に納得してもらうために、家族や医師が連携して患者と接していくことが大切になります。特に身内の人間が説得してもなかなか受け入れてくれない状況である場合は、医師からの客観的なアドバイスが有効です。一方、薬による治療も大切であり、十分な休息とともに並行して実施してくことになります。精神科で処方される薬を服用にすることに抵抗感を持つ方もいますが、症状の悪化を抑え改善するために有効であることを認識することが治療の第一歩となります。専門医の指導のもとに適切な薬を用いることは、とても意義のあることであるからです。尚、うつ病治療は短期間で完結しないことが多く、完治に至るためにはゆっくりと着実に治療を行う必要がり焦りは禁物です。うつ病治療が完結するため必要な期間の見通しが不透明であるため、不安になる方もいらっしゃるでしょう。しかも長期に渡る治療のために月々の治療費や薬代が、負担に感じる方もいて悩みのタネとなっています。治療に関わる費用や相場価格に関心を持つ方も多くいます。ここでは、うつ病治療で処方される薬の種類、月々でどれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。精神科・診療内科で処方される抗うつ剤は主に5種類があり医師の判断によって処方されます。SSRI、SNRI及びNaSSAは脳内神経伝達物質であるセロトロニンなどの量を調節する働きがあり抗うつ剤として認められているものです。また、三環系抗うつ薬はうつ病改善効果がある一方で、本来の用途以外のアセチルコリンの働きを抑制することで、便秘は排尿不全などの副作用が発現する例があります。その点を改善するのが、四環系抗うつ薬といった位置付けとなります。いずれも患者の症状や個人差を見ながら、医師が処方する量や種類を調節していきます。処方される量や種類によって月々の負担額には個人差があり、いちがいに言えませんが月あたり概ね数千円程度が薬代の相場となっています。これに加えて診療費が同等もしくはそれ以上となりますので、治療期間が長引くほど負担と感じる方もいらっしゃるでしょう。尚、うつ病の治療は保険対象ですので3割負担ですが、それでも高いと感じる方が多いのは口コミ等を参照してもわかります。そこで、自立支援医療制度が利用できるか確認することをお勧めします。一定要件を満たせばうつ病治療にかかる費用が1割負担にまで減額されるからです。

Copyright© 2018 うつ病は薬で治療しよう【うつ病の治療をスムーズに】 All Rights Reserved.