プラスのイメージを持つ|うつ病は薬で治療しよう【うつ病の治療をスムーズに】

うつ病は薬で治療しよう【うつ病の治療をスムーズに】

プラスのイメージを持つ

服用する女性

相性があることも知る

うつ病は人間関係やストレスなどが原因で発症しますが、脳内の環境に明らかな異変が起こります。生活環境の見直しなども大事ですが、まずは脳内環境を正常化することがポイントです。うつ病を発症すると脳内の神経伝達物質の分泌量に異常が発生します。それが原因で辛い気持ちややる気が出ないという症状につながります。そのため、脳内の神経伝達物質の分泌量を正常化するために薬を使用します。うつ病の治療で薬を使用するというと、どうしてもマイナスなイメージを考えてしまいますが、脳内の神経伝達物質のみに作用し、たくさんの症例があることからも、安心して服用することがポイントです。うつ病の薬を使用した治療で大事なことは、焦らずにじっくり治していくことです。一度服用すれば、いきなり効果があるというものではなく、継続して服用することでゆっくりと効果が出てきます。即効性があると考えてしまうと、なかなか効果が出ないことでマイナスなイメージを持つ可能性があります。そのようなことにならないためにも、ゆっくりと時間をかけるものということを理解する必要があります。また、効果が出始めると気分の浮き沈みが大きくなるなど、さまざまな症状が現れることがあります。これは脳内の神経伝達物質の分泌に効果が現れ始めている証拠ですが、不安を感じる場合には医師に遠慮なく相談することがポイントです。うつ病に使用されている薬はたくさん種類があり、人によって合う、合わないがあります。症状が継続する場合、薬を変えることもあるので、細かな変化を伝えることは重要です。うつ病の治療において処方される薬は脳内の神経伝達物質に作用します。脳内の神経伝達物質にはさまざまなものがあります。うつ病にも程度があり、軽度のものであれば経過観察という判断もありますが、日常生活に影響を与えるほどの症状であれば、神経伝達物質の分泌量の正常化のために薬を使用します。さまざまな種類があり、まずは最新の薬が使用されます。SSRIやSNRIと呼ばれる種類のものです。これらのタイプは脳内の必要な神経伝達物質にのみ作用することから副作用が少ないというメリットがあります。一定期間使用して効果が現れない場合には三環系と呼ばれる古くから使用されているものが使われることもあります。古くから使われているタイプのものは多くの症例があることから信頼性が高いことが挙げられます。また、強い効果を期待することができます。ただ、作用する必要のない部位にも作用することから、副作用が発生しやすいということが挙げられます。つまり、最新のタイプのものであれば必ず効果を発揮するとは限らないことです。これはそれぞれの人との相性があるので、一概に言い切れません。そのために、効果が出るかどうかを判断する必要があります。患者においては薬を変えるからと言ってマイナスイメージを持つ必要はなく、より効果を出すために変えるという認識を持つことが大事です。服用する量は医師が決めます。効果が出てくると、分量を減らしていき、最終的に服用しなくても問題ないようにしていきます。そのため、長期間にわたる服用が必要となります。

Copyright© 2018 うつ病は薬で治療しよう【うつ病の治療をスムーズに】 All Rights Reserved.